一般財団法人 旗影会 中島董一郎が設立した財団ウェブサイトのトップへ サイトマップ


一般財団法人 旗影会 旗影会トップ > 旗影会について > 旗影会の名の由来

旗影会について
財団の概要

情報公開

旗影会の名の由来

研究助成募集について
募集要項

応募方法

よくいただく質問

助成研究一覧
2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

研究者専用ページ

お問い合わせ

旗影会トップ


Get Acrobat Reader PDFについて
旗影会について 旗影会の名の由来

 財団創立者の中島董一郎が、株式会社中島董商店の創業間もない頃、お取引先様との集まりの中に「菱影会」というのがあり、この名前を参考にしております。
 中島は、1913年農商務省の海外実習練習生としてロンドンに滞在中、世界的に有名であるオックスフォード大学とケンブリッジ大学のレガッタをテムズ河にて観戦した際に、両校の校旗がブルー一色(Dark BlueとLight Blue)であったことが大変印象に残り、これを「アヲハタ」として商標に登録しておりますところから、財団設立の際、上記「菱影会」の「菱」の文字をブランド名の一部「ハタ=旗」に代え、「旗影会」と命名したとのことであります。


このページのトップへ

COPYRIGHT(C) 2004 Kieikai Research Foundation ALL RIGHTS RESERVED.