研究助成募集について

募集要項

※2019年度研究助成募集は終了しました。
2019年度研究助成募集要項
  • 1.研究助成の目的

     この研究助成は、タマゴに関する研究、畜産・農産・食品工業等に関する学術研究を行う研究者および研究グループに対し、研究助成金を交付し、我が国の学術の振興、文化の向上等に寄与することを目的とします。

  • 2.研究助成の対象

    <一般助成>

    以下の分野に関する研究

    • (a)畜産(生産および加工)
    • (b)農産(生産および加工)
    • (c)食品工業(食品工学、食品化学、食品機能、食品衛生、調理科学など)

    <特別助成>

    一般助成に示す分野のうち、タマゴに関する研究

    (タマゴの新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化など)

  • 3.助成の対象となる活動の実施期間

    2019年4月1日~2020年3月末日
    (この期間内のものであれば、助成金の交付の決定以前に実施した活動についても助成の対象になります。また、活動の計画が複数年度にまたがる場合にあっては、上記の期間に実施する活動が今年度の助成の対象となり、2020年4月1日以降に実施する部分は、2020年度に改めて応募していただく必要があります。)

  • 4.助成金額および採用予定件数

    一般助成   100万円/件   40件程度
    特別助成   200万円/件   10件程度

  • 5.応募資格

    ・国内の大学・研究機関に所属している個人またはグループ。

    ・原則として、同一内容で国その他の機関から助成を重複して受けていないこと。
    (なお、既に他の機関等からの助成を受けている場合は申請時に申告ください。)

    ・一研究者または一研究グループの応募は1件に限ります。

  • 6.応募期間

    2018年12月上旬~2019年1月31日(木) ※必着

  • 7.選考の方法

    事務審査の後、当財団選考委員会の議を経て、理事会で決定します。
    なお、採否の通知は2019年4月中旬頃に応募者宛てにメールにて連絡します。

  • 8.助成金の交付予定

    2019年6月1日以降

  • 9.研究成果の報告と公表
    (1) 研究成果の報告
     助成期間終了後、研究の成果および助成金の使途についてを、2020年3月末までに報告していただきます。(詳細は助成決定後にお知らせいたします。)
    (2) 研究成果の公表
    研究の成果については、当ホームページおよび当財団が発行する「研究報告概要集」に掲載いたします。また、論文等で他に発表される場合は「一般財団法人旗影会(英文の場合は“Kieikai Research Foundation”)」の助成による旨を明記し、刊行物に掲載した場合はその写しをPDFファイルにて当財団までご送付いただきます。
  • 10.注意事項
    • (1) 研究助成申請書は、助成対象活動の採択に当たっての審査資料となりますので、その内容について採択後変更を生じることの無いよう、十分検討のうえ作成し、提出してください。
      (変更内容によっては採用の取消、既に助成済みの場合には助成金の返還の要請を行うことがあります。)
      (また、5.応募資格に記載のとおり「同一の研究内容で、国その他の機関から助成をうけていないこと」に反し、当会に応募・採用された後、重複が発覚した場合も同様に採用取消、既に助成済であっても助成金返還の要請を行うことがあります。)
    • (2)研究実施にあたり、研究対象者に対する人権擁護上の配慮、研究方法による研究対象者に対する不利益、危険性の排除や説明と理解に関わる状況、実験動物に対する動物愛護上の配慮をしてください。